貧乳の原因とは?胸が大きくなるには何を改善すればいい?

「貧乳」とは、漢字が示している通り、胸のない女性のことを意味します。

そうはいっても、大小の見方は人によって様々なので、一般的にはAカップとBカップの女性のことを貧乳と指すことが多いです。

貧乳の女性の多くが抱く悩みが、「下着や水着のサイズ」の問題です。

特にAカップだとデザインが限られており、あまり自分好みの下着を選ぶことができないという意見も多く、水着もビキニだと特にパッドが大半を占めることになるので、胸を寄せ上げるのに苦労する女性が多いのです。

それでは一体なにが原因で貧乳になるのでしょうか。

スポンサードリンク

貧乳の原因とは?

大きく分けて3つの原因を挙げることができます。

1つ目は、「痩せ」が原因であること。たいてい痩せ形の女性は貧乳である場合が多いです。乳房自体も脂肪、筋肉、乳腺組織から成り立ちますので、痩せ形の女性で巨乳であることはまずありえません。

また2つ目は「遺伝によるもの」です。もともと遺伝で女性ホルモンの分泌が少ない女性であれば、体型は関係なしに、貧乳になることもあります。

しかし、後述しますが食生活や血行を変えてあげることによって改善することが可能です。

そして最後の3つ目は「血行の悪さ」。猫背であったり、食生活が乱れていたりすると、どうしても血の巡りが悪くなり、それが原因で女性ホルモンの分泌がうまくいかなかったりすることがあります。

自分にぴったり合った下着を選べないと、それもまた締め付けなどによって血行の悪さにつながることもあります。

それではそんな貧乳を少しでも改善して、胸を大きくするにはどうすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

バストアップ法

その女性ごとが持つ貧乳の原因によって、試すべきことが多少なり変わりますが、共通して言えるのは「食生活の改善」です。

貧乳は遺伝が原因だと諦めていた方も、食生活ひとつで体内環境は大きく変わり、体質を改善することも難しくはありませんので、ぜひ試してみてください。

言うまでもなく、栄養バランスのとれた食事をとることは必要になってきますが、それは決して、ただ野菜を多く摂ればいいというわけでもなく、肉や血をつくるとされる「タンパク質」を摂取することが重要とされています。

胸を大きくするためによいとされているのは「大豆」や「牛乳」です。もちろんその他に、赤身のお肉を食べたり卵の摂取も必要です。

そして胸の脂肪だけを増やしてくれるという貧乳の味方「ボロン」という成分も最近では見直されてきています。

これは桃や梨などの果物をはじめ、代表的なものとしてはピーナッツやキャベツ、その他であれば、ひじきやわかめなどの海草類などが挙げられます。特に痩せ形の女性は、まず標準体重になるように、BMIは18.5%を切らないようにし、体脂肪も20〜25%を維持できるように食事で調整してみてください。

そして血行の悪さに心当たりのある方は、「生活習慣」を見直してみましょう。

睡眠を取るように心がけたり、普段の姿勢を見直したり、適度な運動を日常生活に取り入れることで改善されていきます。また入浴や足湯も有効です。なぜかというと、冷えも血行の悪さから起こるもの。

これらの冷えや睡眠不足などは知らず知らずのうちにストレスにつながっていることもありますので、それもまた血の巡りを悪くしていることがあります。ですので、ストレス発散ができるように、日頃の鬱憤などは溜めないように我慢しすぎず、のびのびと自分らしく暮らせるように努めることも重要です。

また、下着のサイズが合っていないようであれば、恥ずかしからずに下着屋さんできちんとサイズを測ってもらい、自分にぴったり合う下着を選ぶようにしてみてください。

バストアップのために「おっぱいマッサージ」を取り入れてみることもおすすめです。

バスト周りのリンパを刺激してあげることで、バストアップだけではなく張りのあるおっぱいになる方も多いようです。

バストアップには、サプリも活用してみましょう!
おすすめは、120以上の雑誌にも取り上げられ楽天ランキング1位をとっている「レディーズプエラリア99%」
⇒レディーズプエラリア99%

まとめ

以上、「貧乳」についてまとめてみました。遺伝が大きく影響するという説もありますが、多少なり自分の努力でバストアップすることも無理ではありません。特に現代社会において、知らず知らずのうちに、スマホやパソコンを使っていて、脳にエネルギーを集中させているので、冷え性の女性はとても多いものです。

また働く女性も増えてきていることにより、食事をゆっくりまともにとれず、外食やコンビニ食で簡単に済ませてしまうのもあまりカラダにとっていいこととは言えません。ですので、貧乳に悩む方はまずは自分の生活環境を見直すところからはじめてみて、改善できるところはどんどん行動に起こしていきましょう。

女性ホルモンの分泌は18〜20歳のころが一番盛んだとも言われていますが、成人女性でも以上挙げてきたことを実践してバストアップに成功した女性も少なくありません。

その年頃のときの女性ホルモンの分泌を妨げないことも大切にはなりますが、バストアップを目指す女性は以上のことを気にかけて実践してみてください。

楽天ランキング1位常連!

ダイエットサプリ「レディーズプエラリア99%」はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です