胸が大きい人が簡単に着やせできる方法!絶対NGなコーデとは?

どのようなファッションだと胸が大きい人が着やせできるのか?

胸が大きい人が着やせするためには、ファッションをこだわる必要性があります。

なぜならただ服を着るだけではボリューム感のある胸元が太って見られる難点にもなるからです。

女性としては可能かなぎり細く見せたいものです。

しかし、心配はご無用です。
なぜなら着こなし方次第で、いくらでも細く見せることができるからです。

今回は、胸が大きい人におすすめ着やせする方法を紹介します!

スポンサードリンク

胸が大きい人の着やせする方法

まず着やせして見せる方法として、胸の大きいDカップ以上の方は縦のストライプ柄ワイシャツがおすすめです。

選び方のポイントとして、可能な限りストライプの幅が細かいものを選ぶことが挙げられます。

細かなストライプはスレンダーさを感じさせることができ、着やせ効果が期待できるからです。

加えて色合いは色付きのワイシャツに黒のストライプがおすすめです。黒は縮小色で細めに見える効果があるためです。黒と薄めの色合いのワイシャツで第1もしくは第2ボタンまでを適宜開いて着こなすことがおすすめです。

どのようなアイテムが効果的か?

ファッションアイテムの組み合わせとして、着やせを狙いのなら、ベルト使いをおすすめします。

黒いベルトを使うことでアクセントになり、視線を胸からずらすことができます。
加えて、きゅっと絞れている体系化のように見せることができるので、ベルトは使った方がいいです。

またアクセサリーの使用もお勧めできます。

体系カバーをさせたいのなら、首元をすらりと見せるために、長めのネックレスをつけることでファッション的にスート縦ラインが強調されます。太く見せないためにいは、可能な限り縦ラインの協調が必要です。

胸が大きいだけで、どうしても横ラインが目立ちがちなので、上手にアイテムを活用して、可能な限り縦ラインに見せる工夫が求められます。

ネックレスもゴールドやピンクゴールドよりもシルバー系の方が女性性を感じさせることができます。
ネックレスのアイテムとして細長いものがおすすめです。

たとえば十字架やサーフボード、楕円形など、アイテム自体が縦になっているものを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

おすすめのコーデ

着やせさせるためには、上手なコーディネート方法の活用が欠かせません。

たとえば、ストライプのワイシャツに、長めの十字のネックレス、腰元に黒のベルトをつけて、ダークトーンの茶色のボトムスと組み合わせれば、細見にうつります。

その理由は、ストライプや長めのネックレスが縦ラインを作り、ダークトーンの落ち着いたボトムスや黒のベルトが縮小色として実物以上に細身に見せる効果があるからです。

もしスカートと合わせたいのなら、自身の身長との組み合わせも重要になってきます。背が小さい方だとまん丸く見えがちなので、150センチ前半までの体系の場合にはひざ上以上のスカートに黒のタイツを合わせてきゅっと引き締めましょう。

150センチ後半からの標準的な身長の方は、スレッドの入ったスカートがおすすめです。可能ならばチェック柄の落ち着いた色合いや無地がよいです。スレッドが入ることで、空間が空き、細く見せる効果が期待できるからです。

おすすめできないファッションとは?

逆に避けた方がいいファッションとして、横ボーダーの服を着ることです。Tシャツやワンピースでボーダーがらを着てしまうと、横に広がってしまい、太って見えます。

もしどうしてもボーダーが好きで着たいのなら、トップスではなく、ボトムスにしましょう。
アンダーに横ボーダーが来たとしても、トップスで締待って見える色合いを用意していたり、ストライプとアクセサリーで縦ラインが作られていれば、膨張される効果がいくらか軽減されます。

加えて色合いにも注意が必要です。白を基調とした服装を身に着けると、膨張色のため見た目以上に太く見えてしまいます。これは可能な限り避けたい事態でしょう。

もし白い色が好きで着たいのならば、黒と白の組み合わせを選んだり、白と落ち着いた茶色や灰色、黒色と合わさった色合いを選びましょう。他の色が加わることで、膨張してみえるマイナスの効果が薄まります。

まとめ

もし胸が大きい状態を気にして、少しでも着やせがしたいのなら、黒のストライプ柄のワイシャツを着ましょう。その際に、アクセサリーはアイテムが細長いもので、長めのネックレスを選び、縦ラインを作り出します。

ワイシャツもきっちり占めるのではなく、第1ボタンもしくは第2ボタンまで開けることで適度に空間を作り、細く見せるの工夫を凝らすのです。

ウエストラインでは黒のベルトを使用し、くびれやアクセントのツールとして活用します。そうすることでより引き締めて見せることができます。

ボトムスはダークトーンを使用し、落ち着いて見せます。背が小さめの方でスカートと組み合わせる場合には、なるべくひざ上のものを選びましょう。標準的な身長がある場合には、スレッドのあるものを選びことで、適度に空間を作り出し、細目に見せることができます。

ぜひ実践してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です