胸が大きい人の悩みは見られることと話題にされること<経験談>

40代女性です。
祖母からの遺伝で、すでに小5の頃からクラスでも胸が大きい方でした。

今回は、胸が大きくて悩んだ経験談について紹介します。

スポンサードリンク

胸が大きい人の悩みとは?

小6の頃にはブラなしでは絶対に過ごせないほどで、ジュニア用のものを買いに行きました。
でも、ジュニア用では大きさが足りませんでした。
ブラから肉が溢れてしまうので…。

小学生でブラをしている人はわずかだったので、ブラをするだけでも男子からからかわれそうで嫌でしたが、ジュニア用ではなくて大人用のしっかりとしたワイヤー入りブラをするというのは、最悪の気分でした。

中学校に上がってからは、同級生の男子からはひそひそと「乳牛(ちちうし)」とささやかれ、弟の友達からは「爆乳ねえちゃん」と呼ばれるようになりました。

初めて大きな百貨店の下着専門店でサイズを測ってもらい、自分の体にぴったりフィットするブラを買ったのですが、そのときのサイズがすでに…Eカップもありました。

ジロジロ見られることが嫌

胸が大きい人の悩みは、まず1位はじろじろ見られることです。
大人になるとさすがにじろじろは見ず、チラ見程度ですが、子供の頃や思春期の頃はもろにじろじろ見られるのが日常茶飯事でした。
そして、変なあだ名を(いつも男子からですが)つけられたり、「あいつ胸でかいよな」という噂というかささやきがしょっちゅう耳に入ってくるのが、たまらなく嫌でした。

特に体育は嫌でしたね…。
運動神経は良かったし、リレー選手にも毎年選ばれ、運動自体は好きでしたが、体操着で走るのが嫌でした。
言わなくてもわかるかと思いますが…爆乳といわれる体型で全力で走れば、注目はすべて胸の方にいってしまうのです。
足が速いんだから、足を見てくれよと思うのですが、誰もそんなことには興味がないんですよね…。

その頃の対処法としては、とにかくしっかりとフィットしたブラで少しでも肉が溢れないようにすることと、男子のからかいやささやきを無視するくらいのことしかありませんでした。

スポンサードリンク

長所と思えることも

しかし、18歳、19歳と大人になっていくうちに、短所だと思っていた大きな胸は長所なのかも知れないと思うようになっていきました。
胸が小さい人よりも、大きい人の方が魅力的だと言う男性が圧倒的に多かったからです。

それと、幸いなことに胸だけは大きかったですが、他はどちらかというと細身をキープできていました。
これが全体的に太っていて胸も大きければ、大人になってもまたひそひそと裏で牛に例えられたりしていたかも知れません。

二十代に入ってからは、思い切ってダブダブの服をやめて、身体にぴたっとしたトップスを着るようにもなりました。
それと海で着る水着、特にビキニは胸が大きい方がかっこがつくので、積極的にビキニを着用していました。

あと、日本ではなんとなく胸が大きいのは恥ずかしかったり目立ったりするものですが、海外(欧米)では大きい方が良いに決まっているという価値観が定着していますので、実は渡米しハワイで暮らしていたこともあります。

現在でも、子供というのはやっぱり正直なもので、子供の運動会だとか参観日のときに学校に行くと、「〇〇ちゃんのママの胸、でかーい!」とか「なんでそんなに大きいの?」と露骨に訊かれます。
ちなみに今のサイズはFカップです…。

あと、もう少し幼少の子供とか、近所の乳児の子供なんかは、何も言わずに胸を触りに来ます。
多分、我が子以外の子供たちにこんなにたくさん揉まれている胸はないのではないかというほど、本当によく子供たちに揉まれています…。

もう私もいい年ですし、子供の頃や思春期の頃のようにそのことで思い悩んだり、暗い気持ちになることもありません。
あっけらかーんと、「大きいでしょ」と受け答えできるようにもなっていますし、乳児が触りにきてもそのまま触らせています。

思春期の頃はつらい

しかし、思春期の頃は本当に辛いものでした。
胸が大きい人の悩みは、目立ちたくても目立ってしまう、隠したいけど隠せないところが原因ですね。

でも考え方によっては、胸が人一倍小さい人はもしかするともっと悩んでいたかも知れないと最近思います。
大きい胸は生かせますが、小さい胸は生かしようがないかも知れません。
ビキニを着て堂々と歩く経験もないだろうし、噂になることもなく、ひっそりと悩んでいるのかも…と、40代になって気づきました。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です