胸が大きい中学生の深刻な悩みとは?どんな対策が必要?

胸があることは女性としてはとても羨ましいのですが、中学生の頃に人より大きいと逆にコンプレックスを持ってしまうこともありますよね。

では、中学生で胸が大きい悩みや問題点などを詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

胸が大きい中学生の悩み

まず、一番大きな問題点は周りの視線ではないでしょうか。

中学生ではまだまだ胸が未発達の女子が多いので周りから注目を集めます。そして、胸が大きいと体育の時間に走ると胸が揺れるので走りにくかったり、痛みが出ることもあるので、大変です。

また、思春期の男子の視線がすごくイヤという女子が多いですよね。やはり、人より成長が早いと周りから注目を集めてしまうので、悩んでいる女子は多いようです。

そして、中学生といえばオシャレがしたい年頃なので、胸が大きいと自分に合う服がないというのも大きな問題点です。

特にピチピチの服を着ると胸の分が上に上がってさらにピチピチになるので、好きな服を着る事が出来ません。

オシャレに目覚めた中学生女子としては胸が大きいのは問題になることが多いです。

スポンサードリンク

どのように対策をしたら良いか

意外と知らない人が多いのですが、今は下着のメーカーからつける事で胸を小さく見せる機能がついたブラが販売されています。

普通のブラでも良いのですが、中学生はブラキャミタイプのものもおすすめです。

胸が大きくて注目されたくない人は胸が少しでも小さく見えるように工夫すると良いでしょう。
また、スポーツをしていて胸が揺れるのが気になったり、痛みがある人はスポーツブラをつけることで改善されます。

スポーツブラなら安価でどこにでも売っているのでおすすめです。
体育がある日はスポーツブラをつけていくなどそのときによって使い分ける事をおすすめします。

また、胸が大きいため小さくしたいという人は食事を改善するのもおすすめです。

方法は胸を大きくするのに関係が深いとされているのが女性ホルモンで、女性ホルモンと似た働きをするのがイソフラボンです。イソフラボンは大豆製品に含まれているので大豆製品をよく食べる場合は少し減らすと女性ホルモンが減る可能性があります。

また、エストロゲンを抑える食べ物にブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどがあるので、普段の食事にプラスして食べると効果があるかもしれません。

また、服選びもとても大切で襟が詰まった服は胸を強調させるので控えた方が良いでしょう。襟や肩が開いていると胸が目立つのを防ぐことが出来るので出来るだけ開いているものを選ぶ事をおすすめします。

また、カラダにピッタリすぎるデザインはボディラインがまともに出てしまうので、胸が強調されるので控えるようにしましょう。そして、白、黄色、赤などの膨張色は太ってみせる色と言われており、当然胸も目立たせてしまうので、出来るだけ控えるようにすると良いです。

まとめ

このように、中学生で胸が大きい問題点と対策を紹介しました。

中学生で発達が早いと周りからの注目を集めてしまうので、すごくイヤですよね。
他の女子からしたら胸が大きくて羨ましいかもしれませんが、自分だけ特別大きいと悩んでしまう女子が多いです。

特に学校などの集団生活だと周りの視線が気になるので出来るだけ大きく見せないように工夫をすることをおすすめします。特に中学生は体育の時間でたくさん運動をします。そうすると胸が大きいと邪魔だったり、痛みが出る事が多いので特に体育の時間は気をつけるようにしてください。

中学生は思春期でもあるので、些細な事でも大きく悩んでしまうものです。もし、胸が大きくて悩んでいる中学生がいたら上記の方法で対策をして出来るだけ胸を大きく見せないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です