胸が洗濯板の女性とは?貧相に見えないための工夫!

貧乳である胸のことを、洗濯板という風に表現することが多いです。

胸が洗濯板…という風にいうこともありますが、こういった胸はどんな胸なのか?

小さい胸で、さらに、洗濯板のように、貧乳である胸を指すことが多いです。

小さい胸というと、貧乳と言いますが、それよりも小さくて、ちょっと特殊な形状をしている場合にも、洗濯板という呼び方をすることが多いです。

洗濯板の胸の人に多いのが、ぽっちゃりしている人よりも、やせ形の方に多いといえるでしょう。

さらに服を着ても、全く胸が見えず、板のようになっているという場合に、このように洗濯板と表現することが多いです。
骨が見えたり貧弱に見えたりする…とこういった胸を洗濯板と表現します。

今は、このように呼ぶ方も減ってきていて、貧乳だったり、ペチャパイという言い方をすることも増えているといえます。

しかし、比較的年代が上の人にはこういった言い方で通じることが多いといえるでしょう。

最近の若者の場合には、あまりこういった言い方をしないことも多いです。

スポンサードリンク

洗濯板の語源は?

洗濯板とは、洗濯の際に用いられる板状の道具のことを指します。

しかし、完全に平坦というわけではなく、横から見たときには、凹凸の波が少し付いているのが特徴です。
でこぼことしていて、段が多数付いているという形状で、さらに、昔はこちらの洗濯板において、洗濯をしてきました。

洗濯機が普及すると同時に、こちらの洗濯板は使われないことが増えてきましたので、今では、この板の存在を知らないという若者も多いですし、語源に関しても知らない方が多いです。

しかし、貧乳を表現する際に、洗濯板という言葉が使われるようになってからは、比較的貧乳を表現する際に、使われることが多くなっているといえるでしょう。

胸が洗濯板で貧相に見えないためには?

胸が洗濯板で貧相に見えてしまい悩んでしまっている…という方は多いのではないでしょうか。
胸が貧相に見えてしまうと、どんな服でも、なんとなく決まらなかったり、色んな服を着ていても、洗濯板の胸が目立ってしまうことになります。

そこで、これが目立たないようにするためには、どういった方法があるのでしょうか。

まず、おすすめなのが、胸の開いた服を着ないと言うことが一つのポイントです。

胸が開いた服を着た場合、どうしても視点が胸の方に言ってしまいますので、貧乳が目立ってしまいますし、より、平らな胸板が目立ってしまうことになります。

このため、着こなすのであれば、胸が開いていない、タートルネックなどを着こなした方が良いといえるでしょう。その方が、まだ目立たずに済みます。

また、服を選ぶ際にはなるべく厚みのある服を着こなすようにしましょう。

体にぴったりとフィットした服や、サイズ感がぴったりすぎる服の場合には、洗濯板の胸が非常に目立ってしまうことになります。
このため、厚みのある素材の服を選んでみたり、チュニックなどのトレーナー系の服や、パーカーなどの服がおすすめです。

こういった服の場合には、あまり目立たず、体のラインがそこまで浮き出てこないので、悩みを持つ方にはおすすめです。

また、胸が貧乳で困っているという場合には、重ね着をするということもおすすめです。
重ね着をして、何かを羽織るだけでも、目立たなくなりますし、他の部分に視点がいきますので、目立ちにくくなります。

さらに、厚みができますので、痩せすぎていたり、平らになっているのが目立たなくなります。

また、なるべくボリューム感のある服を選ぶようにしましょう。広がりのある服や、ボリュームのある服の場合、他の部位が目立つようになりますので、平らな胸を隠すのにも最適となります。

また、なるべく服を着る際には、ブラで寄せてあげるようにしてみると美しくなります。

コーディネートに気を配ることも非常に大切ですが、下着にも気を配ることが必要であるといえるでしょう。

最近では、バストアップブラなどもたくさん販売されているので、こういったブラを下着に使ってみることで、かなり印象が異なってくるといえます。
また、ボリュームのあるスカートなどと組み合わせることでも、イメージががらりと変わることが多いです。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。胸が洗濯板…ということで悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。最近では、…言わなくなってしまった言葉ですが、貧乳を表現する際に使う言葉なので、知っている人も多いです。

このような悩みを持っている方は意外と多いですが、まずは服装のコーディネートなどで、貧乳が目立たないように工夫をしてみることが非常に重要です。

コーディネート次第で、ボリュームを持たせてみせることが出来たりしますので、ぴったりとした服などを選ばないようにしてみることが必要です。
下着にも気を配り、真っ平らに見えないように工夫をしてみることも大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です