胸が大きい人と小さい人の違いとは?何歳で決まる?

胸が大きい人と小さい人では何が違うのでしょうか?

大きくしたい!と思っても年齢を重ねてからでは難しいのでしょうか?

今回は、胸の小さい人と大きい人の違いを紹介します!

スポンサードリンク

胸が大きい人と小さい人の違い

胸が大きい人、小さい人の違いにはいくつかの違いがあるといえるでしょう。

胸が大きい人、小さい人の違いは、その努力にあるだとか、そういったイメージを持っている方も多いです。
しかし、実はそうではありません。

胸が大きい人と小さい人では、元々の体質が大きく異なっていることが多いです。
その一つとして、乳腺発達組織の違いというものがあります。

人には乳腺というものがありそれぞれこれらの乳腺が胸にはありますが、これらの発達組織が元々違っていて、胸が大きい人は、これらの乳腺が発達しやすくなっています。

このため、成長期にはぐんと大きくなることも多くなっています。

一方で胸が小さい人の場合、乳腺発達組織が小さく、栄養が胸にまで行き渡らないことが多いです。このため、それほど大きくならない事が多いです。

胸が大きい人と小さい人の違いとして、遺伝があります。

胸の大きさのベースというのは遺伝があり、大体遺伝として20~40%程度は関わってくるといえるでしょう。
しかし、これは胸の大きさの基本のベースになりますので、必ずしも遺伝で胸の大きさが左右されるということではないようです。

大きさは何で決まる?

胸が大きい人と小さい人は何で決まるのかというと、その脂肪量であるといえるでしょう。

胸が大きい人にはぽっちゃりした人が多いですし、痩せている人は胸も小さい人が多いです。
胸の大きさというのは実は90%が脂肪であると言われていて、脂肪がついている方ほど、胸が大きくなりやすいといえるでしょう。

しかし、気をつけたいのが、乳腺の割合というのは最初から決まっているので、太っている人も痩せてしまうことで、乳腺が発達していない場合には胸も痩せてしまうことが多いです。

痩せていても、胸が元々大きいという人は、それだけ乳腺が大きいということになり、生まれ持った体質であるといえるでしょう。

さらに、乳腺は女性ホルモンの分泌量とともに増えていく傾向にあります。
妊娠して一気に胸が大きくなるのは、女性ホルモンの分泌量が一気に増加することによって大きくなるのです。

このため、胸を大きくするためには、女性ホルモンを増やし、そして乳腺から胸に栄養を行き渡らせるということが必要であるといえるでしょう。

スポンサードリンク

大きさは何歳で決まる?

胸の大きさは、何歳で決まってしまうのか…とギモンに思っている方も多いのではないでしょうか。

胸を大きくするための女性ホルモンは、初潮が始まり、そして15歳ぐらいの年齢から、20歳ぐらいまでの年齢でピークに達します。

その後はどんどんと女性ホルモンの分泌量が減少していってしまいます。

このため、胸の大きさは、この成長期である期間に決まってしまうといえるでしょう。

その後も女性ホルモンの分泌量によって、たとえば妊娠をしたりすることで、大きくなりますが、基本的には胸の大きさは変わらず、サイズはそのままであることが多いです。

大体初潮後の1~4年程度が大きくなる期間ですが、このように女性ホルモンの分泌量に従って胸のサイズが変化していくことも多いですので、考え方次第ではバストアップはいつでも可能であるともいえるでしょう。

このため、胸が大きくなりたいという方は、女性ホルモンの分泌量を増やしていくなどの工夫が必要であるといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

胸の大きい人、そして小さい人は、遺伝の違い、そして最初から乳腺の発達の違いなどがあり、体質である程度決まっていますが、女性ホルモンの分泌量に合わせて胸は成長する仕組みになっているので、これらを増やすことで、胸を成長させることは可能なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です